βグルカン選びの秘訣

最高品質かつ最低価格の優良製品を選ぶために。

βグルカンの検査

調べ尽くした人だけが手にする 究極の高品質βグルカンです βグルカンの中でも唯一の機能性成分とされるβ1,3Dグルカンの含有量を、社外検査して公表している本物の高純度βグルカンは、日本では『オルタスβグルカン85』だけです。

βグルカンを主成分とする健康食品・サプリメントは、原料によらず全て一様に「βグルカンが豊富」「βグルカンが高純度」と広告宣伝しています。

βグルカン健康食品は、中身の成分としてのβグルカンを購入するわけですから、製品の中のβグルカンの量を数値で確認することが重要です。残念ながら多くのキノコβグルカン健康食品は、具体的なβグルカンの数値が不記載、非公表で販売されています。出せないほどに数値が低い商品や、βグルカンの検量さえしていない商品が氾濫しているのが実情なのです。

しかし、βグルカンという成分が脚光を浴びて、世間に成分名称が浸透する流れに合わせて、βグルカンの含有量を数値で公表する商品も増えてはきています。ここで問題は、本当にβグルカンを正式に信頼有る検査機関で検査しているのかどうか疑わしい事例が多いことです。特に高額キノコの健康食品・サプリメントの中には、稚拙な偽造や、いかがわしく混乱させる表示掲載をしている販売店や商品も多いので注意を要します。

食品の成分分析において日本で最も歴史と実績と知見のある日本食品分析センターでは、高純度のβグルカン分析ができないのです。低純度のキノコβグルカンは市販の測定キットによる検量を受託してくれますが、高純度βグルカンに関しては測定機器もスタッフも対応ができないのが現状です。

そのため本当に製品や原料が高純度βグルカンであるかどうかを確かめるには海外の検査機関に測定を依頼することになります。

自社の製品を社外の検査機関で検査してその正当性を公に証明して貰うことは、意義深いことであり、商品を買って健康へ掛ける消費者への誠意だと言えます。

しかし、多くのβグルカン健康食品・サプリメントは社外検査を実施していません。つまりは、は「βグルカンが多い」「高純度」と自画自賛しているに過ぎないのです。

超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』は日本で唯一、第三者による成分検査を受けて公表しています。しかも日本国内では困難なβグルカンの中の唯一の機能性成分β1,3Dグルカンの構成率までも検証しているのです。

『オルタスβグルカン85』の製品検査は、米国でも有数の歴史と実績を誇る検査機関であるジョージア大学 複合炭水化物研究所 で実施されました。

結果、『オルタスβグルカン85』が正真正銘の超高純度βグルカンであると証明され、しかもβグルカンの中の殆どが機能性成分のβ1,3Dグルカンであることも明確化されたのです。

本物だけが実証できる正真正銘の高純度βグルカン、日本で唯一の第三者検量済 βグルカンは、『オルタスβグルカン85』として製造直販されています。

βグルカンの摂取量 >>